カレンダーを使うことは、今やかつてないほど重要だ。どこにいても、イベントやタスク、予定を簡単かつ効率的に整理する必要がある。そのためには、カレンダーアプリを使うのが一番だろう:グーグルカレンダーとアップルカレンダーだ。グーグルカレンダーとアップルカレンダーだ。世界中で何百万人もの人が使っており、iOSやアンドロイドのユーザーに限ったものではない。では、それぞれの違いは何なのか、なぜどちらかを選ぶべきなのか。あなたの疑問を解決しよう。

概要

グーグルカレンダーとアップルカレンダーの特徴を一目で比較しながら、どちらを選ぶか素早く決めよう:

特徴 Googleカレンダー アップルカレンダー
利用可能 ウェブ、Android、iOS ウェブ、iOS、macOS
機能セット アベイラビリティ共有、イベント色分け、ファイル添付、タスク、イベント自動作成、世界時計、会議メモ、カレンダー共有 移動時間、Siriとの統合、イベントの検索、メッセージによる招待の拒否、カレンダー共有
使いやすさ Googleサービスのユーザーにとって直感的 アップルデバイスのユーザーにはシームレス
インターフェース クリーンなデザインだが、モバイルアプリで複数のカレンダーを使うと飽和状態に見えることがある。
日/週/月/年/スケジュール/4日表示
ミニマルで洗練され、アップルのエコシステムと統合されている。
日/週/月/年ビュー
カスタマイズ カスタマイズ可能な通知、イベントの色 異なるカレンダーの色分け、カスタマイズ可能なビュー
統合 Google Workspace、いくつかのサードパーティとの統合 iCloud、Googleに比べサードパーティとの統合は少ない
セキュリティ 2段階認証、パスキー 二要素認証、パスキー
プライバシー クライアント側の暗号化、追跡なし iCloud上でのエンドツーエンドの暗号化、追跡なし
価格 無料 無料

Googleカレンダーを選ぶ理由

Google Calendar web screenshot
Googleカレンダーのウェブスクリーンショット
  • カスタマイズ性が高い
  • Gmailからイベントを自動作成できる
  • より多くのプラットフォームやデバイスで利用できる
  • 特にビジネスで広く利用されている
  • Google MeetやZoomを使ったネイティブなビデオ通話スケジュール
  • 複数のサードパーティと統合できる

Appleカレンダーを選ぶ理由

Apple Calendar web screenshot
Apple Calendarのウェブスクリーンショット
  • Appleデバイスでの優れたユーザーエクスペリエンス
  • Appleエコシステムとのシームレスな同期
  • ミニマルで美しいデザイン
  • 自然言語によるイベント作成
  • Siriとの統合

グーグルカレンダーとアップルカレンダー:何が違うのか?

GoogleカレンダーとAppleカレンダーを比較し、長所と短所を見つけ、どちらがあなたの使用ケースに最適かをお知らせする。続きを読む

可用性とプラットフォーム

スケジュールを常に把握するためには、カレンダーアプリが様々なデバイスで利用できるかどうかが重要だ。カレンダーのクロスプラットフォーム機能は、どのデバイスを使ってもイベントやタスクを整理するのに役立つ。

Googleカレンダーは、クロスプラットフォーム互換性の素晴らしい例だ。どのウェブブラウザからもアクセスできるだけでなく、AndroidとiOSデバイスの両方に専用アプリが用意されている。Android携帯、iPhone、パソコンのどれを使っていても、イベントや予定をシームレスに管理できる。どんなデバイスを手にしていても、カレンダーはそこにある。

一方、アップルカレンダーは、iOS、iPadOS、macOS、そしてiCloudを通じたウェブなど、 アップルのエコシステム内で動作するように設計されている。このネイティブな統合は、アップル製品に投資しているユーザーにスムーズな体験を提供する。しかし、アップルの公式カレンダーアプリはアンドロイド端末では利用できないため、両ブランドを利用しているユーザーにとっては制約がある。

しかし、ここにちょっとした回避策がある。Androidではアップルの公式カレンダーアプリをダウンロードできないが、iCalendar – Calendar iOS 17や Sync for iCloud Calendarのような様々なサードパーティ製アプリを使ってアップルカレンダーにアクセスすることはできる。

少なくとも、iPhoneやiPad、Macで使えるフル機能のカレンダーアプリに比べれば、ウェブアプリはずっとシンプルだが、WindowsのブラウザからiCloudを通してアップルカレンダーにアクセスすることはいつでもできる。

使いやすさ

グーグルカレンダーとアップルカレンダーは、個人でも企業でも使いやすく、利用しやすいように設計されている。空いている時間帯をクリックするだけで、予定を追加できる。あとは、名前を付け、時間を設定し、招待する人、繰り返し、場所、通知、メモなど、希望するすべての詳細を記入するだけだ。

Appleカレンダーは、特にウェブやmacOSアプリを使ってイベントを作成・編集する際に、そのシンプルさに秀でていることがわかった。

Apple Calendar app screenshot
Apple Calendarアプリのスクリーンショット

グーグルカレンダーは、より機能的ではあるが、ユーザー・ジャーニーが若干長くなるため、イベントやタスクを思い通りに設定するにはもう少し努力が必要だ。

Google Calendar app screenshot
Googleカレンダーアプリのスクリーンショット

長期的に見れば、それは本当に重要なのだろうか?そうでもない。どちらもそれなりにデザインされている:グーグルはカレンダーに複雑さを加えることを好み、アップルはよりミニマルであることを選ぶ。

どちらのカラフルなカレンダーも、直感的なドラッグ・アンド・ドロップのデザインで、イベントやタスクをある時間や日から別の時間や日に簡単に移動でき、イベントの削除もキーボードのDeleteを押すだけと簡単だ。

イベントの削除もキーボードのDeleteを押すだけで簡単だ。最終的には、使いやすく整理された体験が、あなたのスケジュールを可能な限り整然と視覚化する。

カスタマイズとイベントオプション

GoogleカレンダーとAppleカレンダーのどちらを使うか決めようとするとき、考慮すべき重要な要素のひとつは、それぞれのプラットフォームが、自分のスケジュールやライフスタイルに合わせて、さまざまなフィールドを編集したりカスタマイズしたりできることだ。

Googleカレンダーのカスタマイズ

Googleカレンダーは、幅広いユーザーニーズに応えるカスタマイズ機能で有名だ。ユーザーは以下のことができる:

  • イベントの詳細を編集する:イベントの詳細の編集:タイトル、場所、説明を豊富なフォーマットとリンクで追加し、イベントを終日または特定の時間ブロックに設定できる。
  • イベントの色をカスタマイズする:この機能は、仕事の会議、個人的な予定、その他のカテゴリーを一目で視覚的に区別するのに特に便利である。
  • 表示オプションの変更:Googleカレンダーでは、日、週、月、アジェンダのどのビューをお好みでも、簡単に切り替えることができる。カスタムビューで表示する日数も調整できる。
  • デフォルトのイベント時間を設定する:会議の長さがいつも同じなら、あらかじめ設定しておけば、毎回手動で調整する手間が省ける。
  • タイムゾーンを調整する:Googleカレンダーでは、複数のタイムゾーンを表示することができる。
  • 通知設定:Eメールやポップアップ通知など、いつ、どのように予定を通知するかを設定できる。
  • 代替カレンダーを追加する:宗教的、文化的なカレンダーをオーバーレイして、個人的なスケジュールと一緒に重要な日付を記録したり、他のカレンダーを購読したりできる。
  • 複数のカレンダーを作成して管理する:生活のさまざまな場面で別々のカレンダーを管理し、選択的に共有できる。
A person using Google Calendar in an iMac

Appleカレンダーのカスタマイズ

Appleカレンダーのカスタマイズオプションは、すべてのAppleデバイスでシームレスなエクスペリエンスを提供すると同時に、便利で十分な柔軟性を提供することを目的としている。以下は、あなたがカスタマイズできる内容だ:

  • イベントコンポーネント:Googleカレンダーと同様に、タイトル、場所、添付ファイル、繰り返し、メモなど、イベントにさまざまな詳細を追加できる。ただし、アップルのデザイン理念であるシンプルさにマッチするよう、インターフェースは合理化されている。
  • 色分け:Apple Calendarでは、個々のカレンダーを色分けすることはできるが、特定のイベントを色分けすることはできない。
  • ビューと表示:日、週、月、年の表示から選べる。アップルのデザインは、これらのビュー間の視覚的な遷移に関しては特に洗練されている。
  • タイムゾーンのサポート:タイムゾーンの自動サポートは、タイムゾーンをまたいだイベントの管理に役立つ。
  • 通知機能:イベントのカスタムアラートを設定し、デバイス上の通知または電子メールとして受信するように選択する。
  • Siriとの統合:AppleカレンダーをSiriでカスタマイズして、会話やEメールから検出したイベントを自動的に追加できる。
  • カレンダーの共有:家族や友だちとカレンダーを簡単に作成、共有でき、それぞれのアクセスレベルをカスタマイズできる。

統合

Googleカレンダーは、その強力な統合機能で際立っている。Googleのエコシステムの一部として機能するように設計されており、多数のアプリやサービスとの連携によってその実用性を高めている。アップルはエコシステムに重点を置いており、サードパーティとの統合機能は少ない。

Googleカレンダーとの統合

Google Workspace apps icons
  • グーグルのエコシステム:Googleカレンダーは、Gmail、Googleドライブ、Google Meetなどの他のGoogleサービスとシームレスに統合されており、コミュニケーション、ドキュメント、バーチャルミーティングを管理するための統一されたエクスペリエンスを生み出している。
  • Google Workspaceの高度な機能:Google Workspaceに登録すると、共有可能なリンクを使った予約や、Googleの予約枠を使った顧客の予約管理など、プレミアムな統合機能が利用できる。
  • サードパーティアプリとの統合:Googleカレンダーを通じて、多くのサードパーティアプリとサービスを介して接続することができ、電子メールからのイベントの自動作成、タスクの期日などが可能になる。
  • コラボレーションツール:Notion、Slack、Trello、Asanaといった人気のコラボレーションツールと簡単に統合できるため、これらのプラットフォームから離れることなく会議やリマインダーの設定ができる。
  • 会議サービス:Google Meetだけでなく、Zoomのような様々なビデオ会議プラットフォームで、カレンダーの招待から直接、簡単に通話を予約し、参加することができる。

アップルカレンダーとの統合

Apple iCloud apps
  • アップルのエコシステム:アップルカレンダーは、メール、連絡先、メッセージなど他のアップルアプリと連動するように設計されている。イベントはEメールから直接作成でき、移動時間はマップで自動的に計算される。
  • Siriとの統合:Siriにイベントのスケジュールを頼んでおけば、Appleカレンダーがあなたの会話やEメールから自動的にイベントを提案してくれる。
  • 家族の共有:家族のスケジュールを共有すれば、数回タップするだけで、家族のスケジュールを簡単に統合したり、まとめて表示したり、別々に管理したりできる。
  • iCloud連携:イベントやカレンダーはiCloud経由でデバイス間で同期されるため、1つのデバイスで行った変更が他のすべてのデバイスで即座に更新される。
  • App Storeのサードパーティ製アプリ:直接の統合は少ないが、アップル・ユーザーはしばしばFantasticalのようなアプリを利用する。Fantasticalは、拡張スケジュールや電話会議の検出など、アップル・カレンダーに機能を追加してくれる。

結論

まとめると、グーグルカレンダーとアップルカレンダーのどちらを選ぶかは、個人のニーズと最もよく使うアプリによる。

グーグルカレンダーは驚くほど柔軟で、あらゆるデバイスで使えることで知られている。どこでもアクセスできるカレンダーが必要な人や、自分好みに設定を微調整するのが好きな人には最適だ。また、Googleとの強力な連携や他の多くのアプリとの互換性があるため、ビジネスユースにも最適だ。

一方、アップルカレンダーはiPhoneiPadMacなどの アップル製品を使用している人に最適だ。クリーンでシンプルなデザインなので、アップルのストレートなアプローチを好む人には使いやすいだろう。さらに、Siriや他のアップル製アプリとスムーズに連動するので、アップル製品にオールインしている人には便利だ。


最高の整理整頓ツールのひとつであるNotionを、両方使ってみてはどうだろう?Notionは、カレンダーと同じようにすべてのイベント、タスク、予定を記録し、メモ、アイテム、ファイルなどを保存する完全なデータベースとしても機能する。カスタマイズオプションやテンプレートは他に類を見ないほど充実しており、どのデバイスからでもアプリにアクセスできる。

Notionの統合機能2syncを使えば、GoogleカレンダーやTodoistなどのツールを直接Notionと連携させ、統一されたワークスペースを作ることができる。また、AppleカレンダーとGoogleカレンダーの同期も簡単だ。私たちの目的は、使い方を制限することなく、時間を無駄にすることなく、生産性と整理整頓を高めるお手伝いをすることに他ならない。

今すぐ最初の自動化を試してみよう!