NotionとObsidianは、デジタル整理とノートの領域における2つの主要なプラットフォームであり、多様なユーザーのニーズに応えるために、それぞれ異なる機能と体験を提供している。Notionは、ノート作成、データベース管理、コラボレーションツールを融合させた包括的なアプローチが評価され、個人でもチームでも理想的な使い方ができる。一方、Obsidianはローカル・ストレージ・モデルによる個人的なナレッジ管理に重点を置き、ユニークなナレッジグラフなどの機能を通じてプライバシーとデータ・セキュリティを重視している。ニーズに応じてどちらを選ぶべきか見てみよう。

NotionとObsidianの比較:概要

特徴 Notion Obsidian
主な用途 ノート、データベース、プロジェクト管理のためのオールインワンのワークスペース プライバシーを重視した個人の知識管理
ユーザーインターフェース 直感的で高度にカスタマイズ可能なブロックベースの構造 ノートのつながりを重視したミニマリスト
コラボレーション 強力なコラボレーションとチーム機能 限られたコラボレーションツール
価格 無料、プラス、ビジネス、エンタープライズ 同期とパブリッシュの有料オプションは無料
プラットフォーム ウェブ、Windows、Mac、iOS、Android Windows、Mac、iOS、Android、Linux
オフラインアクセス 制限あり 強力なオフライン機能
リアルタイム・コラボレーション 可能 なし
ナレッジグラフ なし ノートのつながりを視覚的に表現
バックリンク あり ノートを整理するためのコア機能
デバイス間で同期 あり(インターネット接続が必要) 有料オプションあり
APIサポート 対応 あり
テンプレートサポート 豊富なテンプレート テンプレートサポートに制限あり
マークダウン対応 対応 あり
ファイルインポートオプション 複数のファイル形式と他のアプリとの統合をサポート 主にMarkdownファイル(.md)やNotionなどの他のアプリと統合できる
ノートをウェブサイトとして公開する 可能 あり(Obsidian Publishと併用)
価格 無料、プラス(8ドル/月)、ビジネス(15ドル/月)、エンタープライズ(カスタム価格) 無料、パーソナル(無料)、カタリスト(1回25ドル)、商用(1ユーザーにつき年間50ドル)

ノティオンを選ぶ理由

  • オールインワンのワークスペース:ノート作成、プロジェクト管理、データベース機能
  • 豊富なテンプレートで高度にカスタマイズ可能
  • リアルタイム編集による優れたチームコラボレーション
  • Slack、Google Drive、Asanaなど複数のAPIと統合できる
  • ユーザーフレンドリーなインターフェース
  • 堅牢でパワフル

Obsidianを選ぶ理由

  • ローカルストレージとデータのセキュリティとプライバシー
  • ナレッジグラフ機能でノート間の関係を視覚的に表現できる
  • 豊富なプラグインオプション
  • カスタマイズ可能なインターフェース カスタムCSS
  • 邪魔にならないミニマルなデザイン
  • 優れたオフライン機能

Notionとは?

Notion app logo

Notionは、メモ、タスク管理、データベース、プロジェクト計画を1つのプラットフォームに統合した、汎用性の高いオールインワンの生産性アプリだ。

その柔軟性で知られ、ユーザーはブロックベースの構造を使ってカスタマイズされたワークスペースを作成することができ、単純なメモから、依存関係、接続、ファイルアップロードなどを含む複雑なデータベースまで、さまざまなタイプのコンテンツを整理することができる。

買い物リスト、財務、その他プライベートや仕事上のあらゆる情報を管理したい個人や、コンテンツ、プロセス、タスクの包括的な構造を求めているチームや大企業にも便利だ。

Obsidianとは?

Obsidian app logo

Obsidianは個人的な知識管理のために設計され、プライバシーとデータセキュリティに重点を置いたノートアプリケーションである。

ローカル・ストレージ・モデルで動作し、すべてのメモをユーザーのデバイスに直接保存する。ナレッジグラフはノート間のつながりを視覚的にマッピングし、情報の整理と検索を助ける。

Obsidianのノートテイクに対するアプローチは、双方向リンクによるアイデアの相互接続を重視しており、ウィキや研究データベース、個人的な知識ベースの構築に理想的だ。

NotionとObsidian:違いは何か?

このセクションでは、NotionとObsidianを詳しく比較してみよう。

ユーザー体験

Notionは一見複雑に見えるかもしれないが、ユーザーフレンドリーなインターフェースを持ち、ほとんどすべてをカスタマイズすることができる。視覚的に魅力的なデザインは、クリーンで直感的なため、あらゆる技術レベルのユーザーがアクセスできる。このプラットフォームは、洗練されたワークスペースを提供することに優れており、ブロックベースの構造により、コンテンツの作成と整理が簡素化されている。

Notionの柔軟性と幅広い機能は、諸刃の剣でもある。新規ユーザーにとって、豊富なオプションは、様々な機能性をナビゲートする際に、学習曲線の険しさにつながるかもしれない。

また、広範囲に使用するとUIが乱雑になり、全体的なユーザーエクスペリエンスに影響を与える可能性があると指摘するユーザーもいる。

このような課題はあるものの、Notionの強みである多機能性とコラボレーションは、仕事と個人のプロジェクトを管理する包括的なツールを求める人々にとって、魅力的な選択肢となっている。

Notionのスクリーンショット
Notionのスクリーンショット
Image by:ノティオン

対照的に、Obsidianはユーザーエクスペリエンスにおいてシンプルさと効率性を優先している。このプラットフォームは、すっきりとしたインターフェースでデザインされており、メモ取りやナレッジ管理に気を散らすことのない環境を提供している。

このミニマルなアプローチは、複雑なプラットフォームにありがちな煩わしさがなく、合理的な体験を好むユーザーにとって特に魅力的だ。

Obsidianのユーザーエクスペリエンスの中心は、双方向リンクシステムとナレッジグラフ機能である。これらのツールは、ノートの整理とナビゲーションを強化し、ユーザーがつながりを視覚化し、包括的な知識ネットワークを構築することを可能にする。

黒曜石のスクリーンショット
Obsidian スクリーンショット
Image by:オブシディアン

Obsidianはローカルベースであるため、Notionよりも強力なオフライン機能を備えていることも注目に値する。Notionはオフラインで操作できるが、それには多くの制限がある。

ノート作成

Notionのノートテイクに対するアプローチは非常に汎用性が高く、開発者とユーザーによって作成された複数の定義済みテンプレートを使って、さまざまなフォーマットやスタイルが可能だ。

詳細はこちら:2024年、ノティオンの無料テンプレートベスト30

ユーザーは、個々のメモとして機能するページを作成し、データベース、フォルダ、タグ、その他多くのプロパティを使用して階層構造に整理することができる。このプラットフォームは、ブロックベースのシステムを採用しており、テキスト、画像、埋め込みファイルなど、各コンテンツはブロックとして扱われる。

さらに、Notionのリッチテキストエディタは、画像、ビデオ、ウェブ埋め込みなど、さまざまなマルチメディア要素をサポートしており、ノートテイク体験をダイナミックで視覚的に魅力的なものにしている。500以上の埋め込み可能なサービスからコンテンツを保存することもできる。

ノーションのパーソナルホームテンプレート

Obsidianは、メモを取るためのプレーンテキストのMarkdownファイルに焦点を当てた、異なるアプローチを取っている。このアプローチは、テキストに特化したストレートな体験を好むユーザーにアピールする。Markdownは軽量なマークアップ言語で、テキストを簡単にフォーマットできるため、視覚的な要素よりも文章や構成を優先するユーザーに適している。

Obsidianのノートテイクの主な特徴は、ノートのリンクに重点を置いていることだ。ユーザーはノート間に双方向リンクを作成することができ、相互接続されたアイデアのネットワークを形成し、ナレッジグラフで視覚的に表現される。この機能は、Wikiや研究プロジェクト、個人的なナレッジベースを構築する際に特に有用であり、ノート間の関係はノートそのものと同じくらい重要である。

ObsidianのユーザーインターフェイスはNotionに比べてよりミニマルだが、集中した執筆作業に理想的な、気が散らない環境を提供している。このプラットフォームの広範なプラグインシステムは、カスタムテーマ、拡張エディタ、追加整理ツールなどの機能を追加することで、ノート作成体験をさらに向上させる。

オブシディアンでノートをリンクする
Obsidianのノートリンク
Image by:オブシディアン

組織化

優れたノートを取ることは重要だが、それを整理することも不可欠だ。Notionは、以下のようないくつかの表示オプションを使用している:

  • リスト
  • カレンダー
  • ボード
  • ギャラリー

これらのビューはそれぞれ、特定のデータベースの情報に基づいており、メモや情報を思い通りに表示することができる。

細部までカスタマイズできるので、フィルターを使って特定のデータだけを表示することもできる。実際、同じデータベースに対して異なるビューを使用することは、Notionの最も優れた使用例の一つである。

さらに、ノートはリンクさせることができ、異なるセクションにある場合は自動的に情報を更新するように同期させることもできるため、時間の節約にもなる。

Obsidianはローカル・ストレージ・モデルで動作し、ノートをデバイスに安全に保管する。これは、Notionのクラウドベースのシステムとの重要な差別化要素だ。

組織におけるオブシディアンのユニークなセールスポイントは、やはり双方向リンクによってノートを相互接続するナレッジグラフだ。この機能は、さまざまなノートを中心的なアイデアに結びつけ、視覚的に整理しておくのに役立つ。

最後に、Obsidianには今日のメモを追加するクイックボタンがあり、素早く注釈を付けたいときに便利だ。

コラボレーション

Notionは、コラボレーションとノート共有機能に優れているため、チームベースのプロジェクトや、共同作業やダイナミックな作業環境に適している。

このプラットフォームでは、リアルタイムの編集とコメントが可能なため、複数のユーザーが同じドキュメントで同時に作業することができる。この機能は、シームレスな共同作業を促進し、特にリモートワークのシナリオで有益である。

ノティオンの強みは、役割や権限の異なるチームメンバーが共同で文書を編集、コメント、閲覧できる共有ワークスペースを提供できる点にある。ユーザーは自分のワークスペースへのリンクを他のユーザーと簡単に共有することができ、コラボレーションの側面を強化する。

Collaborating in Notion
Notionでのコラボレーション
Image by:ノティオン

対照的に、Obsidianのコラボレーション機能は、Notionに比べて制限されている。Obsidianはネイティブなリアルタイム・コラボレーション機能を提供していない。しかし、Obsidian Publishを通じてノートを他のユーザーと共有することができる。これにより、ユーザーはテキストやPDF形式のマークダウン・ファイルを共有することができるが、そのコラボレーション機能はより制限されているように感じられる。

最後に、ユーザーは自分のObsidian保管庫の公開URLを共有することができるが、これはリアルタイムでの共同編集というよりは、より多くの人にノートを公開するのに適している。

結論

NotionとObsidianを比較すると、ノートとプロジェクトを整理するための2つのトップツールを見ていることになる。

Notionはスイスアーミーナイフのようなものだ。メモを作成し、タスクを管理し、高度にカスタマイズ可能なテンプレートと多様なユースケースで他の人と協力するのに適している。ユーザーフレンドリーで、すべてを1か所にまとめたい人やチームに最適だ。Notionは特にチームワークに適しており、全員が同時に同じことに取り組めるからだ。

一方、Obsidianは、メモを非公開にし、よく整理することに重点を置いている。セキュリティを重視し、すべてを自分のデバイスに保存する。その特別な機能は「ナレッジグラフ」で、自分のメモがどのようにリンクしているかを確認することができる。Obsidianはよりシンプルで、自分の考えをストレートに書き、つなげたい人に最適だ。グループワークにはNotionほど強くないが、個人的なプロジェクトには最適だ。

Notionを選ぶなら、プラットフォームを使って生産性を高める完璧なソリューションがある。2Syncでは、GoogleカレンダーやTodoistのような他のツールとのシームレスな同期を提供している。これによって、Notionはどのようなユースケースでもさらに価値のあるツールになる。

試してみる?今すぐ最初の自動化を試して、自分の目で確かめてみよう。