カンバンボード・ソフトウェアは、作業を整理して生産性を高めたいチームにとって不可欠なツールとなっている。多くの選択肢がある中で、どのソリューションが自分のニーズに最適なのかを判断するのは容易ではない。そこで、機能、価格、統合、使いやすさなどに基づいて、2024年に利用できるかんばんソフトウェアツールのベスト10をレビューした。

最高のカンバンボードツール一覧

ソフトウェア 最適 価格 主な機能 統合
Notion オールインワンのワークスペース 無料、月額8ドル テンプレート、データベース、フルカスタマイズ Asana、Slack、Trello、その他
Monday.com エンタープライズチーム 無料、月額8ドル ワークロード管理、自動化、コミュニケーション CRM、クラウドストレージ、給与計算など
Jira ソフトウェアチーム 無料, $8.15/月 ロードマップ、アジャイルフレームワーク、開発スタック統合 コードリポジトリ、QAシステム、開発ツール
Trello 軽量ボード 無料, $5/月 直感的、優れた無料プラン、テンプレート マインドマップ、カスタムフィールド
Asana マーケティングチーム 無料, 10.99ドル/月 プロジェクト管理、カレンダー表示、改善されたレポート ファイル共有、ビデオソフト、Eメール、AIライティング
ClickUp カスタマイズ 無料, $7/月 ボード、ビュー、フィールドの大幅なカスタマイズが可能 カレンダー、リマインダー、ドキュメント、目標
Smartsheet データドリブンチーム 無料、月額7ドル 強力なレポート、トラッキング、自動化 フォーム、ファイル、タスクリスト
Microsoft Planner マイクロソフトユーザー Microsoft 365に無料で付属 Microsoft 365との緊密な統合、簡単なスターターオプション Outlook、Teams、OneDrive
Zoho Projects 中規模企業 無料、月額5ドル プロジェクト管理、予算管理、時間管理、統合サポート Microsoft 365、Slack、Google Workspace
Todoist 個人のタスク管理 無料, $4/月 直感的なインターフェイス、強力なタスク分類、優れたモバイルエクスペリエンス カレンダー、ファイル統合

カンバンボードソフトウェアとは?

カンバンボードソフトウェアは、チームのワークフローを可視化するデジタルボードを提供する。静的なToDoリストを超えて、仕事の流れに焦点を当てる。

カンバンボードでは、列やレーンを使用して、左から右への進捗状況を描写する。仕事はバックログから始まり、処理されると進捗欄に移動し、完了ステータスに進む。

カンバンボード上のカードは、個々のタスクや作業項目を表す。チームメンバーは、ステータスの変更を示すために、ボードの列を横切ってこれらのカードをドラッグすることができる。

高度なソフトウェアツールでは、列ごとのカードの量に制限を設定できる。これにより、チームは新しいアイテムを始める前に、既存のアイテムを終わらせることに集中できる。目標は、ワークフローをスムーズにし、ボトルネックを減らし、効率を高めることだ。

Kanban board example on a whiteboard

優れたカンバンツールの選び方

カンバンソフトウェアの選択肢は非常に多いため、以下の重要な基準でツールを評価することが役立つ:

  • カスタマイズ性:カスタムカラム、カードテンプレート、フィールド、ボードビューを追加できる。
  • 分析:サイクルタイム、スループット、ワークロード、生産性をレポートする。
  • コラボレーション:コメントや通知など、コミュニケーションを強化する機能。
  • 価格設定:予算の制約を考慮し、機能とコストパフォーマンスを比較する。
  • 統合:他の生産性向上アプリや組織アプリとの連携性。

チームは、柔軟性のニーズや学習曲線についても考える必要がある。導入が簡単なツールもあれば、複雑さの代償として無限のカスタマイズが可能なエンタープライズ・プラットフォームもある。

どのようにこれらのアプリをレビューしたのか?

カンバン・ソフトウェア・ツールのトップリストを作成するにあたり、今日チームが利用できる多様な選択肢を精査した。現在では、あらゆる規模や専門分野に対応する強固なソリューションが存在する。

我々は、基本的なボードを超えて、カスタマイズ、統合、レポート、自動化などの付加価値を提供するツールに焦点を当てた。これらの機能は、ワークフローを監視し、効率を高めるために、カンバンボードを次のレベルに引き上げる。

特に、各プラットフォームを以下のような要素で分析した:

  • チームの規模と専門性
  • カスタマイズ可能なボードビューの深さ
  • 分析の強み
  • 統合機能
  • 学習曲線
  • 全体的な使いやすさとインターフェース

複雑さとシンプルさの適切なバランスをとることが重要である。チームは、生産性を可視化するためのソフトウェアに圧倒されるのではなく、力を与えられたと感じるべきである。

企業のマーケティングチームは、小規模なクリエイティブエージェンシーやソフトウェアエンジニアリンググループとは大きく異なるニーズを持っている。しかし、カンバン方式は、すべてのチームに利益をもたらすことができる。


1.Notion

Notion Kanban board
Notion カンバンボード
Image by:Notion

🥇最適:オールインワンのワークスペース

✅ 長所:

  • 複数のボードビューのテンプレート
  • 多用途でパワフル
  • 完全にカスタマイズ可能なカードとカラム
  • カレンダー、ドキュメント、タスクなどと統合できる

❌ 短所

  • 学習曲線が長い。
  • ワークロード管理がない。

💻プラットフォーム:ウェブ、ウィンドウズ、マック、iOS、アンドロイド
💲価格:無料 ╱プラス:1ユーザーあたり月額8ドルから

Notionは、メモ、Wiki、カレンダー、データベースと並んで、カンバンボードを提供する。オールインワンのワークスペースを求める個人やチームに適している。様々なテンプレートギャラリービューにより、従来のボード、カレンダービュー、テーブルビューを切り替えることができる。

Notionの各カードには、リッチテキスト、チェックリスト、コメント、添付ファイル、関連ページへのリンクなどを入れることができる。カラムも完全に調整可能だ。このカスタマイズ性の高さは、Notionを最も柔軟なオプションのひとつにしている。

👉 さらに詳しく: 2023年、仕事と家庭のためのベスト整理アプリ18選


2.Monday.com

Monday.com Kanban board
Monday.com カンバンボード
画像提供者:マンデードットコム

最適:企業チーム

✅ 長所:

  • 直感的なUIでカードのドラッグ&ドロップが簡単
  • ワークロード管理と自動化
  • リアルタイムのチームコミュニケーション
  • 強固な統合

❌ 短所

  • 高価な価格設定
  • 学習曲線が急

💻プラットフォーム:ウェブ、Windows、Mac、iOS、Android
💲価格:無料 ╱プランは1ユーザーあたり月額8ドルから

ユーザーレビューも高く、Monday.comは大企業のトップチョイスであり続けている。ワークロード管理、リマインダー、依存関係マッピング、自動化、時間追跡などの機能が満載だ。

ボードのインターフェイスは驚くほど直感的で、ステータス間のカードのドラッグ&ドロップが簡単にできる。似たようなカードをレーンでグループ化したり、スイムレーンの順番を変更したり、タイムライン、マップ、カレンダーなどのビューを切り替えたりできる。

強力な統合機能でさらに機能が広がる。Monday.comをCRM、クラウドストレージ、プロジェクト管理ツール、給与システム、その他何百ものビジネスアプリに接続しよう。

全体的に、Monday.comは自動化、透明性、コミュニケーションの明瞭化を通じて、企業チームに適している。


3.Jira

Jira Kanban board
Jira カンバンボード
画像提供者:Jira

🥇最適:ソフトウェアチーム

✅ 長所:

  • 高度なロードマッピング
  • 堅牢なカスタマイズ
  • アジャイルフレームワークに最適
  • 豊富な統合機能

❌ 短所

  • 学習曲線が速い
  • すぐに複雑になる

💻プラットフォーム:ウェブ
💲価格:無料 ❔ プランはユーザーあたり月額$8.15から

Jiraは、特にソフトウェアエンジニアリングチームの間では、紹介するまでもないだろう。アジャイルワークフローを普及させ、プロジェクトのアイデア出しからデプロイまで導いてくれる。

柔軟なボードにより、スプリントの計画、依存関係のマッピング、ステータスのカスタマイズ、エピックやチームによる分類などができる。Jira をコードリポジトリ、ビルドツール、QA システム、その他の開発スタックとシームレスに統合する。

Jiraは非常にパワフルだが、学習曲線が急である。オンボーディングとセットアップに投資を惜しまない中規模チームやエンタープライズチームに最適だ。それでもなお、Jiraはソフトウェア企業にとって最良の選択肢であり続けている。


4.Trello

Trello Kanban board
Trello カンバンボード
画像提供者:Trello

最適:軽量ボード

✅ 長所:

  • シンプルで直感的なインターフェース
  • 簡単に始められる
  • 無料プランが充実している
  • 豊富なテンプレート

❌ 短所

  • 限られたレポート
  • 時間が経つにつれて基本的でないと感じることがある

💻プラットフォーム:ウェブ、ウィンドウズ、マック、iOS、アンドロイド
💲価格:無料 ❔プランは1ユーザーあたり月額5ドルから

Trelloは、最高のカンバンボードツールのリストには欠かせない。最初のカンバン・アプリの1つであるTrelloは、そのシンプルさゆえに好調を維持している。カードを作成し、リストにドラッグし、メンバーを割り当て、ファイルを添付し、チェックリストに記入する。

Trelloは、企業レベルのオプションが提供する強固な機能を提供するわけではない。しかし、無料プランと直感的なデザインにより、小規模なチームでも簡単に仕事の整理を始めることができる。

パワーアップや統合により、カレンダー、マインドマップ、カスタムフィールドなど、Trelloを拡張することができる。時間が経つにつれて制限を感じ始めるかもしれないが、エントリーレベルのカンバンボードソフトとして最適であることに変わりはない。


5.Asana

Asana Kanban board
Asana カンバンボード
画像提供者:Asana

🥇最適:マーケティングチーム

✅ 長所:

  • プロジェクト管理に最適
  • カスタムステータスとビュー
  • 便利なカレンダー
  • 改善されたレポート

❌ 短所:

  • 価格が高くなることがある
  • プロジェクトが複雑になりすぎる
  • すべてのタスクを一人にしか割り当てられない

💻プラットフォーム:ウェブ、ウィンドウズ、マック、iOS、アンドロイド
💲価格:無料 ❔プランは1ユーザーあたり月額10.99ドルから

Asanaは、単なるタスクではなく、チームのプロジェクトを最初から最後まで管理するのに適している。目的、チェックリスト、添付ファイル、会話などのセクションを持つカラフルなカードにプロジェクトをグループ化する。

カスタムステータス、スイムレーン、ボードビュー、カレンダービュー、タイムラインビューが柔軟性を提供する。Asana はレポート機能も改善し、プロジェクト全体の進捗バー、ワークロード、マイルストーン、目標を表示する。

Asanaはお気に入りのツールとも統合できる。ファイル共有アプリ、ビデオソフト、Eメールプラットフォーム、さらにはAIライティングアシスタントともうまく連携する。

👉 詳細はこちらNotionとAsana: どちらを使うべきか?


6.ClickUp

ClickUp Kanban board
ClickUp カンバンボード
画像提供者:クリックアップ

🥇最適:カスタマイズ

✅ 長所:

  • 非常にカスタマイズしやすい
  • 機能満載
  • 優れたコストパフォーマンス
  • 直感的なインターフェース

❌ 短所:

  • 圧倒されることがある
  • モバイルアプリの開発が必要

💻プラットフォーム:ウェブ、ウィンドウズ、マック、iOS、アンドロイド
💲価格:無料 ❔ プランは1ユーザーあたり月額7ドルから

ワークフローに合わせたカスタムボードが欲しいなら、ClickUpが最適だ。スプレッドシートのような感覚だが、柔軟なカンバンソフトウェアとして完璧に機能する。

ClickUpでは、複数のボードビューの作成、すべてのステータスとカラムのカスタマイズ、自動化ルールの設計、カスタムフィールドの構築などができる。また、リマインダー、担当者ワークロード、カレンダー、ドキュメント、ゴールなどの便利な生産性機能も満載だ。

インターフェースには学習曲線があるが、直感的なドラッグ・アンド・ドロップ操作に助けられている。ClickUpは、この価格では信じられないほどの価値を提供し、あらゆる規模のチームのワークフローをより良く可視化するのに役立つ。パワーユーザーには、ボードの無限のカスタマイズが特に気に入ってもらえるだろう。


7.Smartsheet

Smartsheet Kanban board
Smartsheet カンバンボード
画像提供者Smartsheet

🥇最適:データ重視のチーム

✅ 長所:

  • 強力なレポートとトラッキング
  • データ主導の意思決定に最適
  • 高度な自動化
  • 豊富な先進機能

欠点 ❌:

  • 学習曲線が急である
  • 非常に複雑になる

💻プラットフォーム:ウェブ、ウィンドウズ、マック、iOS、アンドロイド
💲価格:無料 ❔プランは1ユーザーあたり月額7ドルから

複数のプロジェクトで詳細なトラッキングが必要なマネージャーには、Smartsheetが高度なカンバンボードを提供している。このソフトウェアは、シート、フォーム、ファイル、タスクリストのデータを共有可能なダッシュボードに一元化する。

Smartsheetは、グリッドからカード、カレンダー形式まで、多くのビューを提供する。自動進捗レポート、バージョン履歴、リソース管理、依存関係マッピングなどのツールは、監視を最適化する。また、コード不要の自動化を構築し、手作業をなくすこともできる。

強力な機能性は、その代償として複雑さを伴う。Smartsheetの学習曲線は険しく、技術に精通したチームに最適だ。しかし、プログラムやプロセス全体の分析が必要な場合は、非常に価値のある洞察をもたらしてくれる。


8.Microsoft Planner

Microsoft Planner Kanban board
Microsoft Planner カンバンボード
画像提供者:Microsoft Planner

🥇最適:マイクロソフトユーザー

✅ 長所:

  • Microsoft 365との緊密な統合
  • 簡単に始められる
  • 便利なテンプレート
  • 軽量な目標に最適

欠点 ❌:

  • 非常に基本的な機能
  • ワークロード管理がない
  • パワーユーザー向け機能が限定的

💻プラットフォーム:ウェブ、iOS、アンドロイド
💲価格:Microsoft 365は無料(月額6.99ドル)

Microsoft 365ユーザーにとって、Microsoft Plannerは追加費用なしでビジネス・アプリケーション・スタックと直接統合できる。範囲はシンプルだが、部門のタスクを整理し、チームの目標を計画し、ステータスのアップデートを共有する迅速な方法を提供する。

基本的なボードはTrelloを彷彿とさせる。高度な追跡機能はないが、物事を見守りたいチームに直感的なロードマップを提供する。簡単なビュー、通知、添付ファイル、コメント、チャットで十分だ。

マイクロソフトのエコシステムに投資している企業にとっては、理想的なエントリーレベルの計画ソリューションとなる。しかし、より強固なチームは、より機能的な代替案へとレベルアップする必要があるだろう。


9.Zoho Projects

Zoho Projects Kanban board
Zoho Projectsのカンバンボード
画像提供者:Zoho Projects

最適:中規模ビジネス

✅ 長所:

  • 強力なプロジェクト監視
  • 予算と時間のトラッキング
  • 適切なカスタマイズ
  • 競争力のある価格設定

❌ 短所

  • インターフェースが直感的でない。
  • 基本的な機能以外に目立った機能が少ない。

💻プラットフォーム:ウェブ、iOS、アンドロイド
💲価格:無料 ╱プランは1ユーザーあたり月額5ドルから

Zoho Projectsは、リーンな中堅チーム向けの主要なPM機能を、手頃なコストでバランスよく提供している。カスタムフィールド、タイムシート、レポート、ファイル共有、タスク管理など、必要不可欠な機能を網羅している。

柔軟性が高く、モジュール、権限、ビュー、カレンダーフィード、ダッシュボード、その他のオプションをニーズに合わせて調整できる。しかし、インターフェースは、特に洗練されたソリューションと比べると、ところどころ不便だ。

しかし、もしあなたが自動化せずに基本的なボードからレベルアップしたいのであれば、Zoho Projectsはその中間を提供してくれる。信頼できる機能、スケーラビリティ、統合が中規模ビジネスの成長を強力にサポートする。


10.Todoist

Todoist Kanban board
Todoist カンバンボード
画像提供者:Todoist

🥇最適:個人のタスク管理

✅ 長所:

  • 直感的なインターフェース
  • パワフルなタスク分類
  • 便利な生産性機能
  • 優れたモバイル体験

❌ 短所

  • 複雑なプロジェクトには限界がある
  • チームコラボレーションにあまり重点を置いていない

💻プラットフォーム:ウェブ、Windows、Mac、Linux、iOS、Android
💲価格:無料 ❔プランは1ユーザーあたり月額4ドルから

個人的なタスクマネージャーを求める個人にとって、Todoistはクラス最高の体験を提供する。本格的なプロジェクト管理はできないが、日々のToDoを簡単に整理できる。

タスクのタグ付け、優先順位の設定、セクションへの整理、リマインダーの追加、繰り返しタスクの追加、ファイルの添付、カレンダーの統合など、強力な機能を備えている。Todoistはまた、期限切れ、期限切れ、完了したアイテムをスマートなフィルター付きビューにまとめてくれる。

クイック追加機能により、モバイルでの利用も非常に便利だ。デバイス間でタスクを同期し、必要に応じてオフラインアクセスも利用できる。Todoistは、他のPMツールと比べると基本的ではあるが、強力な生産性ツールを個人に提供してくれる。

👉 詳細はこちらNotionとTodoist:どちらのタスク管理アプリがベストか?


カンバンボードで作業する際のベストプラクティス

あなたのチームのためにカンバンソフトウェアを選んだら、ボードを最大限に活用するためのトップヒントをいくつか紹介しよう:

  • ゆっくり始める。一度にすべてのプロセスをオーバーホールしない。小さなワークフロー管理から始める。
  • スタンドアップを行う。毎日のスタンドアップミーティングでボードをチェックし、タスクを割り当てる。
  • WIPを制限する。積極的に取り組んでいるカードの数を減らし、労力を集中させる。
  • フローを改善する。バリューストリームマップを分析し、ボトルネックを明らかにする。
  • 更新を自動化する。トリガーとアクションを使用して、ボードを自動的に同期させる。
  • 可視性を高める。関連するリンク、ファイル、会話をすべてカードにまとめておく。

柔軟性を保ち、メトリクスを頻繁に見直すことで、チームは時間をかけてカンバンプロセスを継続的に改善できる。集中、コミュニケーション、自動化を通じてフローを実現することで、生産性が急上昇する。

まとめ

この記事で取り上げたカンバンボードソフトウェアのオプションは、今日の市場でトップクラスのソリューションである。これまで見てきたように、あらゆるタイプのチームが、高度なカンバンツールを使って作業状況、進捗状況、ブロッカーを視覚的に追跡することで恩恵を受けることができる。

NotionやTodoistのようなトップピックは、その柔軟性と個人でもグループでも同様に使えることから、我々のリストに登場した。これらのアプリを使えば、プロセスをカスタマイズしながらワークフローを一目で見ることができる。

しかし、多くのチームは、カレンダー、スプレッドシート、ドキュメントなどとともに、これらのようなツールを組み合わせて使っている。アプリのステータスを常に手動で更新していると、非効率的な作業がすぐに増えてしまう。

そこで、2syncを開発した。お気に入りのプラットフォームを切り替えるのではなく、自動的に同期させることで、Notionを統一されたワークスペースと生産性の集中ハブとして維持できる。

今すぐ最初の自動化を試す